ウコンの効果・効能【二日酔い対策・飲酒で弱った肝臓を助けよう】

どこまで知っている?ウコンについての意外な効果

ウコンの様々な効果を知ってました?

ウコンというと二日酔い防止に効果があることで有名ですが、他にも様々な健康効果が期待されています。一体どんな効果があるのでしょう?

 

ここでは、意外と知らないウコンの健康効果についてあれこれまとめています。

ウコンの期待できる効果には色々とあった!

 

効果@肝臓機能の改善・二日酔い予防

ウコンに含まれるクルクミンには、肝臓で作られる胆汁の分泌を促進する作用があります。

肝臓機能の改善

胆汁は

 

肝臓から分泌されると消化酵素と一緒に働き、アルコールや脂肪、有害物質の分解や解毒などをおこないますが、過度な飲酒やストレスや疲労などが重なることで肝臓の働きが弱くなり、胆汁が作られなくなり、さらに肝臓に負担がかかり肝機能低下につながります。

日頃からウコンを摂取することで胆汁の分泌が促進されることで、弱っている肝機能の改善につながるのです。

二日酔い予防

効果@二日酔い予防

飲酒をすると体内のアルコールは肝臓で分解され体外に排出されますが、大量のアルコールを飲んでしまうと肝臓の分解機能が追い付かず体内にアルコールが残ってしまい、二日酔いになります

  • クルクミンは肝臓でアルコール分解を促進させる作用があるため、飲酒前にウコンを摂ることで二日酔いの防止になるのです。

効果A便秘解消にも一役買ってくれる

効果A便秘解消

ウコン(クルクミン)には、肝臓で作られる胆汁の分泌を促す作用がありますが、実はこの胆汁、便秘解消にも大いに役立っています。

便秘の原因の一つに胆汁の分泌不足があります

胆汁が腸に溜まることで腸内の水分が十分に保たれ、腸の蠕動運動につながりスムーズな排泄につながります。ところが、偏食やストレス、環境の変化などが原因で胆汁は腸への分泌が滞ってしまいがちとなり便秘となります。

  • ウコンを摂ることで胆汁が十分に分泌される為、腸内にも水分が保たれ便秘への効果も期待できます

胆汁がキチンと行き届いていない腸内は悪玉菌もたまりやすくなり、様々な胃腸障害が生じますが、ウコンにより胆汁が腸内に分泌されれば腸内環境も良くなり善玉菌が増えることで胃腸の状態も良くなると考えられています。

効果B動脈硬化の防止

効果B動脈硬化の防止

ウコンには植物繊維も豊富に含まれていて、これが動脈硬化の防止にもつながっています。

ウコンに含まれる植物繊維が動脈硬化を防止

食物繊維には、腸内に溜まったコレステロールを吸収し排出する作用があります。

 

血中コレステロールが増えることで動脈硬化につながるのですから、ウコンの食物繊維によってコレステロールが減少すれば動脈硬化の予防につながるというわけです。

精油成分でも動脈硬化の防止

ウコンはアロマなどで使われる精油成分も多く含まれています。中でもテルぺス系精油分には、コレステロールを分解する作用があり動脈硬化の防止につながります。

  • 実際にコレステロール値が基準値よりも高めの人が、食事療法などでの改善を指導される場合には、ウコン(クルクミン)の摂取を積極的に勧める医師も多いようです。

効果C活性酸素を排出する

あらゆる病気の源と言われるほど体にとって有害な活性酸素。

 

微量の活性酸素は体内に侵入したウイルスや細菌を撃退してくれるため大切ですが、必要以上に活性酸素が増えてしまうと威力が強くなりすぎてしまいます。その結果、正常な細胞までを傷つけてしまい健康や美容に被害をもたらしてしまいます…

ウコンの抗酸化作用はポリフェノールの2倍!

ウコンに強力な抗酸化力がある成分として注目されています。ウコンに含まれるクルクミンは体内に入ると腸で吸収され、テトラヒドロクルクミンとよばれる強力な抗酸化物質に変化をし、体内の活性酸素を一斉に除去してくれるのです。

  • この抗酸化作用のパワーはポリフェノールの2倍もの効果となり大変強力です

 

ウコンサプリを選ぶ際のポイント

ウコンの力を飲んで二日酔い予防が出来ています?新しい二日酔い対策にはウコンサプリが効果高いです【サプリランキング付】

 

>>>ウコンサプリの人気ランキングなら

 

ウコンにも種類がある!それぞれの効果の特徴紹介

世界には50種類以上のウコンがあり、クルクミンの含有量や健康効果なども異なります。ここで日本で有名な6種類のウコンの特徴について紹介

秋ウコン

カレーのスパイスやターメリックライスなどで使用されているもの。クルクミンの量が多く、肝機能改善や二日酔い防止に使われる

春ウコン

古くから中国では漢方薬として利用されているウコン。秋ウコンに比べてクルクミンの量は少なくなりますが、その一方で精油成分を豊富に含む

紫ウコン

名前の通り根元の断面が紫色をしている。紫ウコンについてはクルクミンをほぼ含んでいないのが特徴でもあります。

白ウコン

紫ウコン同様ほぼ含んでいなく、白ウコンの約80%は、ゼルンボンという精油の成分を多く含んでいることが特徴

黒ウコン

黒ウコンについてもクルクミンの含有はほぼありませんが、その代わりにアントシアニンという成分を多く含んでいる。黒ウコンのアントシアニン含有量はブルーベリーの3倍とも言われてる

クスリウコン

主にインドネシアでの栽培が盛んで正式名はクニッツ。秋ウコンの変種から生まれたクスリウコンは、世界中のウコンの中でクルクミンの含有量が多いのが特徴

 

色々なウコンがあるけど、どのウコンだと一番肝臓・お酒に効く?

一番のおすすめはクスリウコン

肝機能改善や二日酔いの予防改善に効果を発揮する成分はクルクミンです。クルクミンを豊富に含むウコンと言えばクスリウコンとなりますから

  • 肝機能改善や二日酔いの予防改善の為ウコンを摂るのであればクスリウコンがオススメ

クスリウコンの次にクルクミン含有量が多いのが秋ウコン

秋ウコンは沖縄や奄美大島地方で盛んに栽培されているため、クスリウコンよりもポピュラーですし製品化されているものも多いため、クスリウコンが手に入りにくいようでしたら秋ウコンの摂取が良いかと

クルクミン量から言えばこの順番

クスリウコン>>秋ウコン>>春ウコン

種類を選ぶ際の参考になるかと^^

 

お酒に対して一番効くウコンの効果を詳しく教えて!

お酒にまつわる効果でウコンが一番関係するのは肝機能改善

お酒への効果@飲酒で弱った肝臓を助ける

お酒への効果@飲酒で弱った肝臓を助ける

アルコールを飲むと肝臓でアルコールが分解されますが、肝臓にはアルコール以外にも脂肪や体内に溜まった毒素などを分解する役目もあります。

 

肝臓は日々過酷な労働をこなしていますが、さらにアルコールの分解となると、肝臓は完全に疲労困憊、最終的には肝機能低下となり、様々な肝臓疾患につながってしまいます。

そこでウコンに含まれるクルクミンの登場

クルクミンには肝臓でのアルコール分解を助ける作用が認められているため、日頃からお酒を飲む人はウコンを摂る事でアルコールによる肝臓への負担を軽減できるようになります。

お酒への効果A二日酔いの予防&改善にも

お酒への効果A二日酔いの予防&改善

お酒関連で言えば、二日酔いの予防&改善にもウコンは大きく関係

 

上記でも少し述べましたが、アルコールによって発生したアセトアルデヒドは肝臓で分解されますが、肝臓で分解できるアセトアルデヒドの量には限りがあり大量のアルコールを飲んでしまうと分解処理が追いつかず、アセトアルデヒドが体内に残り、二日酔いになります。

クルクミンにはこのアセトアルデヒドの分解を促進する効果もあるため
  • 飲酒前に飲むことで二日酔いの防止にもなりますし、二日酔いになってしまった後にもクルクミンを摂ることで素早い改善が可能となります。

 

ウコンサプリを選ぶ際のポイント

ウコンの力を飲んで二日酔い予防が出来ています?新しい二日酔い対策にはウコンサプリが効果高いです【サプリランキング付】

 

>>>ウコンサプリの人気ランキングなら

 

ウコンの力って効果ないってホント?嘘?

ウコンの力

飲み会の前の定番ともなっているウコンの力。二日酔い予防に効果を発揮するとして、多くの方に親しまれていますね。

 

ですがウコンの力って効果がなしって噂を聞いたのですが?

ウコンの力は清涼飲料水でジュースと同じ

クルクミン30mgと表記

ウコンの力の成分表記を見ると、クルクミン30mgと表記されているため効果が期待できるのでは?と思ってしまいがちですが、分類の記載は清涼飲料水となっています。

清涼飲料水とは

特定の健康効果などを目的としない炭酸飲料や果実飲料、ミネラルウォーターなどの総称。つまりウコンの力はただのジュースと同じ種類に分類されているため、肝機能改善などという効果は期待できないことになります。

日本ではトクホといわれる特定保健用食品があります

トクホといわれる特定保健用食品

これは体の生理機能に作用をもたらす機能成分を含み、その食品を摂ることで生理的効果が期待できると認められています。

 

有効性や安全性についても厚生労働省での厳しい検査をクリアしていため、目的に応じた効果が期待できます。

仮にウコンの力が特定保健用食品に分類されていれば

肝機能改善などの効果が期待できるのですが

  • 残念ながらウコンの力はトクホではなく清涼飲料水のため、効果がないというのが正直な見解です。

ウコンの力はあまり期待できない

ウコンの力には、ウコンエキスが配合されていますが、実際にはウコンに含まれるクルクミンは体内吸収率が悪くたった30mgではほぼ体外に排出されてしまうと考えたほうが良いでしょう。

 

簡単にクルクミンを摂取ならサプリがおすすめ

最近ではウコン茶なども健康に良いと注目を浴びていますが、ウコン茶もウコンを煎じてお茶にしただけのものなので、体内への吸収率という点ではあまり期待できません。

オススメなのがウコンサプリ

ウコンサプリ

カレーやウコン茶などと違い、サプリメントはクルクミンが体内で吸収されやすいように、カプセル設計や成分設計に工夫がされているため効率良く成分吸収が可能になります。

 

サプリメントなら持ち運びも便利ですし、いつでもどこでも気軽に服用できることもオススメの理由です。

 

ウコンの効果・効能 まとめ

ウコンは肝機能改善効果の他に、便秘改善、抗酸化作用などもあるなんて素晴らしいパワーの成分ですね。

 

ウコンの種類によっても体への健康効果が異なるため、ぜひ自分の体に合ったウコンを選び、健康・二日酔い対策に役立ててくださいね。

 

人気記事はこちら

人気のウコンサプリは!

お酒に酔わない方法

人気のウコンサプリランキング

お酒に酔わない方法

クルクミンサプリ厳選5選

サプリで酔い&笑い取る方法

クルクミンサプリランキング

サプリで酔い&笑い取る方法

ウコンを効果的に飲むタイミング

下戸克服の方法!

ウコンを効果的に飲むタイミング

下戸克服の方法!

 

 

>>クルクミンの効果・効能 TOP