お酒に酔わない方法【泥酔しない飲み方対策】楽しく飲める人になろw

お酒が弱い人必見!今日から飲み会が楽しくなるお酒の飲み方教えます

お酒に酔わない方法を教えて

お酒が弱くすぐに酔ってしまう人が望むこと

  • それはお酒に強くなりたい!ということではないでしょうか?

一体、お酒に酔わないようにするには何をすれば良いの?そもそもお酒に酔わない方法なんてあるの?と悶々と悩みが解決できずにいる人必見です。

 

ここでは、お酒に酔わない方法をお伝えします。

お酒に酔わない方法ってそもそもあるの?

お酒に酔わない方法ってあるの?

お酒に弱い人は特にお酒に酔わない方法を知りたいのではないでしょうか?飲酒をしてもすぐに酔う人、めったなことでは酔わない人など、同じ人間なのにアルコールに対してのキャパが違うから不思議ですね。

 

お酒に弱い人は

 

  • 自分は元々アルコールに弱いからすぐに酔ってしまう、と生まれつきの体質の問題と諦めてしまい、飲酒に対して悲観的になってしまいがち

でも実はどんなにお酒が弱い下戸であっても、それなりにお酒に強くなれる方法、つまりお酒に酔わない方法は存在するのです。

そもそもなぜ

  • お酒を飲むと酔ってしまうのか?
  • どんな体質だと酔うのか?

などをキチンと把握すれば

必然的に酔わない方法が見えてきますし、その方法を実践すれば今までのようにちょっとのお酒で気分が悪くなったり、眠くなったりしなくてすみますので、先ずはしっかりとアルコールと酔いの関係を理解しお酒に酔わない方法を知りましょう。

 

なんでお酒を飲むと酔ってしまうの?お酒を飲むと酔ってしまう原因

お酒を飲むと酔ってしまう原因

アルコールの主成分はエタノールです。エタノールには脳を麻痺させる作用があり、この作用が酔いとなって表れます。

 

脳には、血液脳関門という血液中の毒素成分が脳に侵入しないように見張り役をするシステムがありますが、アルコールに関しては血液脳関門を通過します。

 

そして大量のアルコールが脳に到達してしまうと、眠くなったりふらふらして歩けなくなったりというようないわゆる酔っ払いの状態になってしまうのです。

 

お酒が弱い人、すぐに酔ってしまう人

アセトアルデヒドを分解する働きを生まれつき持っていないことが解明されています。逆に、お酒に強い人でどれだけ飲んでも酔わない人というのは、このアセトアルデヒドを分解する働きが特に強いと言われています。

日本人の場合の話で言うと
日本人のアセトアルデヒドを分解する働き 強ければお酒が強い傾向にあります!
働きが強い人 約50%(属にザルとも言います)
働くけど弱い人 約45%
働かない人 約5%(属に下戸と言います)

つまり日本人の約半分はある程度飲んでしまえば、それなりに酔ってしまうという結果になっているのです。

 

酔わない方法〜お酒を飲む前にする準備編〜

酔わない方法〜準備編〜

生まれつきお酒に酔いやすい人でも、飲酒をする前の準備方法によっては酔わない、もしくは酔いにくくなることが可能です。その方法とは以下の内容になります。

 

飲む前にする酔わない方法@飲む前に乳製品で胃を守る

酔わない方法@飲む前に乳製品

ヨーグルトや牛乳などの乳製品には胃の粘膜に膜を張ってアルコールなどの吸収を妨げる効果があります。

 

お酒を飲む前に、あらかじめこうした乳製品を胃に入れておく事で、いつもよりもアルコールの吸収率が低くなり、肝臓での分解量も少なくなるため、二日酔いの原因のアセトアルデヒドの合成量も減少します。

  • 乳製品を胃に入れる事で、酔いにくくもなりますし、飲酒によって生じるフラフラや眠気なども回避できるようになります!

できれば飲酒前に軽く乳製品を食べて、膜を張っておくのがベストではありますが、お酒のおつまみとしてチーズなどを食べても効果があるのでお酒に酔いやすい場合には、おつまみで積極的に乳製品を食べることをオススメ

飲む前にする酔わない方法Aウコンを飲む前に取り入れる

酔わない方法Aウコンを取り入れる

ウコンを飲酒前に飲むことでも酔いにくくなります。今や誰もが知っているウコン(ターメリック)には、クルクミンが豊富に含まれています。

 

クルクミンは、様々な健康効果を発揮すると世界中で注目を浴びている成分でもありますが、特に肝機能改善と言う点で優れていて肝機能アップの健康食品(サプリメントなど)ではよく利用されています。

 

クルクミンサプリ

クルクミンには、肝臓のアルコール分解をサポートする作用、アセトアルデヒド分解酵素を合成促進する作用があるため、飲酒前に飲んでおくといざアルコールが体内に入ったときにもスムーズに肝臓が働いてくれるので酔いにくくなります。

 

特に体質的にお酒に弱い人がクルクミン(ウコン)を飲酒前に飲むと顔が赤くなりにくかったり、体調が悪くなることもなくなると言われています。

 

ウコンサプリを選ぶ際のポイント

ウコンの力を飲んで二日酔い予防が出来ています?新しい二日酔い対策にはウコンサプリが効果高いです【サプリランキング付】

 

>>>ウコンサプリの人気ランキングなら

ウコンの様々な効果

ウコンの期待できる効果ってどんなの?二日酔いの予防&解消や肝臓をアルコールから助けてくれる以外にも色々あった!

 

>>>ウコンの効果を知るなら

 

 

飲む前にする酔わない方法Bタウリンを入れる(ヘパリーゼやユンケルなど)

ウコンと同様、肝臓機能を改善してくれる成分にタウリンがあります。

 

タウリンは、牡蠣やタコなどにも多く含まれる栄養成分で、多くの健康効果が認められていますが、その一つに肝機能改善の効果があり、肝臓でのアルコール分解作用やアセトアルデヒドを分解する効果があると解明されています。

テレビCMなどでもお馴染みのヘパリーゼやユンケルなどには

お馴染みのヘパリーゼやユンケル

タウリンが豊富に含まれているため、こうした製品でタウリン補給をしておくことでもお酒に酔いにくくなります。ヘパリーゼやユンケルなどは、薬局やドラッグストアなどでも気軽に購入できるので飲み会前に飲んでおくと酔い防止になります。

 

酔わない方法〜お酒を飲んでいる時にする飲み方

お酒を飲んでいる時の酔わない方法

お酒を飲んでいる最中にも酔わないように工夫ができるのでぜひ実践してみてください。

 

酔わない飲み方@お酒だけ飲まない!つまみをお腹に入れながら飲む

酔わない飲み方@おつまみを食べながら飲む

胃が空っぽの状態で飲んでしまうとアルコールの吸収が早く、肝臓にダイレクトに送り込まれてしまうため肝機能の分解作用が追い付かず、アセトアルデヒドが大量発生してしまいます。

  • お酒を飲む時には必ず、食べ物を一緒につまみながら飲むのが酔わないポイント

おつまみとしてオススメなのは先ほども紹介したチーズもそうですが、おつまみの定番、枝豆や冷やしトマト、冷奴、牡蠣やタコなどの魚介類にもアルコール分解を促進する作用があるので積極的に食べると良いでしょう。

酔わない飲み方Aお酒と一緒に水も飲むと効果的

アルコール度数が高いウイスキーストレートなどを飲む時には、お酒が強い人でもチェイサーとして水を一緒に飲みますね。

 

酔わない飲み方Aお酒と一緒に水も飲む

アルコールと一緒に水を飲むことで、アルコール濃度が薄くなり肝臓への負担が軽減されます。肝臓への負担が軽減するということは、アセトアルデヒドの合成量も少なくなることにつながり良いが回りにくくなるのです。

酔わない飲み方Bゆっくり飲む

アルコールを飲むペースと酔いが回る速さは比例します。お酒を飲むペースが早ければそれだけ、肝臓に早くアルコールが送り届けられるため肝臓での分解処理が間に合わず肝臓に負担がかかってしまい酔いが早くなります。

 

ゆっくりと飲むとことで、アルコールの吸収も遅くなり肝臓もキチンとアルコールの分解ができるようになるので酔いが回るのも遅くなります。

酔わない飲み方Cちゃんぽんしない事

酔わない飲み方Cちゃんぽんしない

ビールを飲んだり焼酎を飲んだりといろいろな種類のお酒を飲むことを、ちゃんぽんと言いますが、種類の違うアルコールを飲むことで口当たりが変わり、飲む量が確実に増えてしまいます。

 

このため、結果として飲酒量が増えて肝臓への負担が大きくなり最終的に酔いが早く酔ってしまうのです。ですから、できるだけ酔わないためには複数のお酒を飲むのは避けて、最初にオーダーしたものを飲む続けることをオススメ

酔わない飲み方Dアルコール度数の低いもの・薄めで頼む

アルコールの度数が強ければ強いほど肝臓への負担もかかり、アセトアルデヒド合成量も多くなり酔いやすくなります。ノンアルコール飲料を飲めば酔わないよう

  • できるだけアルコール度数の低いものを飲めばそれだけ酔いにくくなるのはお分かり

ですから、酔いたくないという場合にはアルコール度数の低いジュース系の酎ハイなどを頼むと良いでしょう。

 

薄めをお願いするのも一つの方法

居酒屋などではアルコール低めとお願いすれば度数の少ない酎ハイを作ってくれるので、そっとお願いするのも一つの方法

酔わない飲み方Eトイレの回数を増やす

酔わない飲み方Eトイレの回数

トイレに頻繁に行くことを意識するだけでも酔いにくくなります。

排尿を意図的にすることで

  1. 尿と一緒に体内のアルコールが排出
  2. トイレに行くことでアルコールで麻痺している脳が覚醒

意識がハッキリするために酔いから覚めることになるのです。ですから、排尿目的だけでなく意識的にトイレの回数を増やすことで酔いにくくなります。

 

酔わない方法〜お酒を飲んだ後にする事

飲み会が終わった後、家に帰ってからもやるべき事はありますよ!

 

お酒を飲んだ後にする事@水をたっぷり飲む

お酒を飲んだ後にする事@水を飲む

飲み過ぎたかな?と思ったら寝る前にできるだけ多くの水を飲むようにすると酔いが回らずに、翌日の二日酔い問題からも解消されます。

 

水を飲むことで体内に溜まっているアルコール濃度が薄まり肝臓での分解がスムーズになります。お酒を飲んだ後にも水をたくさん飲むようにすると酔いにくくなるのでオススメです。

飲む水は常温もしくはぬるま湯にしてください

お酒で既にたくさんの水分を摂っているうえに、さらに冷たい水を飲んでしまうと胃腸に負担をかけてしまいます。できるだけ胃腸に負担をかけないぬるま湯などにしましょう。

お酒を飲んだ後にする事A睡眠をしっかりととる

お酒を飲んだ後にする事A睡眠

肝臓がアルコールを分解する量には限界があります。

  • 『酔ってしまったな』と自覚した場合には、時間が解決してくれるのを待つしかない

睡眠をすることで疲れた細胞を元気に戻してくれる成長ホルモンが分泌をするため、肝機能の働きも多少は改善します。これにより、アルコールの分解作用もはかどり、酔いを醒ますことにもなります。

 

また長時間睡眠をとることで、翌日の二日酔い防止にもなるため、酔ったかな?と思ったらできるだけその後の睡眠を長くとるようにしましょう。

 

お酒に酔わない薬はないがウコンサプリなどがおすすめ

ウコンサプリが効果的

色々なお酒に酔わない方法がありますが何といっても効果的なのはウコンサプリ

 

さきほどもご紹介しましたが、ウコンに含まれるクルクミンには、肝機能の働きをサポートする効果があり、アルコールやアセトアルデヒドの分解がスムーズにできるため、飲酒前にウコンサプリを服用しておくと、酔わないでいられます。

  • 残念ながらお酒で酔わなくなる薬は存在しませんから、肝機能を高める成分でアルコール分解の酵素を働かせるしかないのです

ウコンのサプリメントも種類が豊富でどれにしようか?

ウコンサプリを選ぶ際には、ウコンの配合量が多いものが良いと言います肝機能改善効果も非常に高いため日頃から肝臓のケアをしたいと考える人などは日常的に服用することもできます。

 

お酒に酔わない方法 まとめ

泥酔しない為に

お酒に酔わない方法は理解頂けましたか?アルコールを飲むとすぐに酔ってしまっては、せっかくの飲み会も楽しくないですね。

 

今までお酒に酔うから飲み会は嫌い!と言っていた人も今回の方法を実践すればお酒が好きになるかも?これをきっかけにお酒に酔わない方法を研究し、楽しい飲み会ライフを送ってください

 

 

人気記事はこちら

人気のウコンサプリは!

お酒に酔わない方法

人気のウコンサプリランキング

お酒に酔わない方法

クルクミンサプリ厳選5選

サプリで酔い&笑い取る方法

クルクミンサプリランキング

サプリで酔い&笑い取る方法

ウコンを効果的に飲むタイミング

下戸克服の方法!

ウコンを効果的に飲むタイミング

下戸克服の方法!

 

>>クルクミンの効果・効能 TOP